ここから本文です

チェコ代表GK、副審に対する”女性差別発言”で罰。練習は女子チームと一緒に

フットボールチャンネル 10/5(水) 11:40配信

 チェコ1部のスパルタ・プラハに所属するチェコ代表GKトマシュ・コウベクが女性差別発言をした問題で、クラブは同選手を女子チームの練習に参加させることを決定した。4日に英メディア『BBC』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現地時間2日に行われたFCズブロヨフカ・ブルノ戦で、ルーシー・ラタジョバとい名前の女性副審が試合を裁いていた。試合は3-3の引き分けに終わったが、副審の旗の判定に疑問を持ったGKコウベクは試合後に「女は台所にいるべき。男子の試合を裁くべきではない」と、女性を差別する発言をしていた。後に自身のフェイスブックで謝罪文を載せている。

 同メディアによると、プラハの最高経営責任者であるアダム・コタリック氏は「容認できない」とし、「自分自身で思い知るべき」と語り、コウベクに対して女子チームで練習を行うように言い渡したとのこと。また、この女性差別発言によりチェコサッカー協会から処罰される可能性もあるようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/5(水) 11:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。