ここから本文です

FIFA、”差別的行為”で11カ国に対して罰金処分。チリは試合の開催禁止処分も

フットボールチャンネル 10/5(水) 14:00配信

 国際サッカー連盟(FIFA)が4日、ロシアW杯予選の試合中にファンによってスポーツマンシップに反する差別的行為が行われたとして、11カ国のサッカー協会に処分を言い渡した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 処分の対象となったのはブラジルやアルゼンチン、チリやイタリアなどの11カ国。それぞれの国に罰金処分が科せられており、一番多いチリでは6万5000スイスフラン(約682万)となっている。

 さらに、チリに関しては今年5月に別の違反があり保護観察期間だったこともあり、罰金に加えて来年3月に行われるW杯南米予選のベネズエラ戦でエスタディオ・ナシオナル・デ・チリ(ホームスタジアム)を使用して試合を開催することを禁止された。処分を言い渡された国は以下の通り。

【処分を言い渡された国】
ホンジュラス
エルサルバドル
メキシコ
カナダ
チリ
ブラジル
アルゼンチン
パラグアイ
ペルー
イタリア
アルバニア

フットボールチャンネル

最終更新:10/5(水) 17:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。