ここから本文です

DFリーダー吉田が“背水の陣”で挑むイラク戦に感じる重圧 「プレッシャーはいつも以上にある」

Football ZONE web 10/5(水) 23:10配信

負ければW杯出場権の獲得に黄色信号が灯る大一番

 日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)が、バヒド・ハリルホジッチ監督の決死の思いに応えるためにも必勝を誓っている。日本は6日に、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(埼玉スタジアム)に臨む。守備の要の一人である吉田は、「勝てばいろいろなこともシャットダウンできると思う」と国内で飛び交う批判や国民の不安を払拭する1勝への意気込みを語っているが、一方ですでに1敗をしていることから「プレッシャーはいつも以上にある」ことを明かしている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 日本は9月1日に行われたW杯最終予選のUAE戦に1-2で敗れる、まさかの黒星スタートとなった。続く同6日のタイ戦には2-0で勝利したとはいえ、最大のライバルと目されていたオーストラリアだけでなく、2015年1月のアジアカップ準々決勝でPK戦の末に敗れたUAEにも遅れを取っている状況だ。

 14年ブラジルW杯アジア最終予選も経験している吉田は、「追い込まれているというか、1敗している分、プレッシャーはいつも以上にあると思います。どの試合も当たり前ですけど、ホームでの代表戦なので勝つつもりでいますし、明日もゲームへのアプローチっていうのは変わらないですし、状態も変わらないです」と平常心を保っている。

 日本代表には逆風が吹いている。ハリル監督に対しては、試合前日会見でアラブメディアから「日本代表のレベルもそんなに高くないように見られるが、どうしてなのか?」と辛辣な質問が浴びせかけられている。イラク戦、そして11日の敵地オーストラリア戦という連戦は、勝ち点を落とせばW杯出場権獲得が困難となるだけでなく、指揮官の去就問題にも発展する可能性がある大一番となる。

「監督のチャレンジに応えなきゃいけない」

 そうした状況下で、主力を務める欧州組の大半が所属クラブで出場機会を手にすることができないなどの不安要素も重なっており、「負ければそういう声が出てくる」と吉田も危機感を募らせている。それでも「信頼に応えるためには勝つしかない」と、日本サッカー発展のために苦心するハリル監督のために必勝を誓った。

「監督もかなりリスクを背負っている。UAE戦では新しい選手を使ったし、タイ戦でもFWを代えたりして、すごくチャレンジをしてくれている。なかなかそういうことができる監督はいないなって僕は思うので、そのチャレンジ、何かを変えようとしていることに僕らも応えていかなきゃいけないですし、そのためにはやっぱり勝つしかない。いろんなことを言われているのはもちろん知っていますけど、勝てばいろんなものもシャットダウンできるんじゃないかなと思う」

 背水の陣で臨むハリルジャパンは、雑音をかき消す1勝を手にして、グループ最大の強敵オーストラリアが待つ敵地へと乗り込むつもりだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/5(水) 23:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。