ここから本文です

イラク代表は国民の希望に。監督は「短所を勉強してきた」と日本打倒に自信

フットボールチャンネル 10/5(水) 20:09配信

 イラク代表のラディ・スワディ監督は5日、翌日のロシアW杯アジア最終予選の日本代表戦に向けた記者会見に臨んだ。
 
 すでに2節を消化し、イラクは2連敗を喫している。しかし、スワディ監督は「すべての国に進むチャンスがある。イラクは連敗したが、まだチャンスがあると思う。明日の日本代表との戦いでチャンスをもらえると思う」とポジティブだ。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 日本を倒すため、イラクは周到な準備を積んできた。ヨーロッパでプレーする選手もいるが、すでに全員でミーティングをして個人面談も済ましているという。スワディ監督は「日本のサッカーをよく知っている。アジアでもトップの選手がプレーしている。いろいろな試合を見てきたし、短所や長所もしっかり勉強してきた」と今予選初勝利に自信をのぞかせた。

 サッカーイラク代表は国民の希望でもある。情勢が不安定はサッカー選手やイラクサッカー界にとって「世界に進出するための大きなモチベーションに代わっている」とスワディ監督は語る。

「明日はいいゲームをしたい。バランスのよいゲームをしたい。勝つかどうかわからないが、勝つためにきた。何点取れるかはわからない。選手たちの力や才能をすべて発揮していきたい」

 W杯出場はイラクにとって大きな意味を持つ。それだけに負ければ世界への扉が閉ざされかねない日本戦はイラク代表にとって計り知れないほど重要な一戦だ。中東の強豪は日本に6連敗中だが、死に物狂いで、捨て身で勝利だけを目指して襲いかかってくるに違いない。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/5(水) 20:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。