ここから本文です

ディバラ、ユーベの新たなシンボルへ。契約延長を示唆「バルサ移籍の噂は無駄だよ」

フットボールチャンネル 10/5(水) 20:20配信

 ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、クラブとの契約更新が近づいていることを明かした。4日にイタリアの『カルチョメルカート.com』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現在22歳のディバラは、昨季に欧州で最もブレイクした若手選手の一人だ。昨季にユベントスへ移籍すると、公式戦46試合に出場して23得点9アシストを記録。そして先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ディナモ・ザグレブ戦でようやく今季初ゴールを決めると、5日後のエンポリ戦でもリーグ戦今季初ゴールが生まれ、2戦連続でゴールを決めた。

 類い稀な才能と計り知れないポテンシャルを秘めていることから、ディバラは欧州中のビッグクラブから注目を浴びている。最近ではバルセロナが獲得を狙っているとも噂されているが、ディバラはクラブとの契約更新が近づいていることを明かした。

「今は移籍市場が閉まっているし、僕はユベントスとの契約更新が近づいているからバルセロナへの移籍の噂をしても無駄だよ」

 そして、「ユベントスのレギュラー選手になることがかなり自身を成長させたし、だから僕はここにいる」とユベントスでプレーし続けることへの意欲を見せた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/5(水) 20:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。