ここから本文です

上下巻とも500ページ超えの超極厚仕様! 熱い激闘を描く『北斗の拳 修羅の国篇』がコンビニ本として登場

ダ・ヴィンチニュース 10/5(水) 18:30配信

 1983年から1988年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、TVアニメや劇場版、フューチャーした外伝が作られるなど、その人気は社会現象にまでなった漫画『北斗の拳』。2016年9月30日(金)に、『北斗の拳』の中から“修羅の国篇”を掲載したコンビニ本として『北斗の拳 修羅の国篇』上巻が発売された。なお、10月15日(土)には下巻が発売される。

 天帝軍の残党ジャスクに連れ去られたリンを救うため、ケンシロウが死の海を渡る。そこは戦いの修羅しか生まぬ国。その地でケンシロウが見たものは――!? ケンシロウを待ち受けるのは、三人の強大な羅将だった。激闘の中、北斗の兄弟たちの出生の秘密、そして北斗神拳創生秘話が明かされる―。

 上下巻とも500ページを超える、超極厚仕様。過去最大の死闘となった“修羅の国”を完全収録してあり、コンビニ本とはいえ読み応えのある本となっている。売り切れ必至なので、見つけたらぜひ早めにゲットしよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:10/5(水) 18:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。