ここから本文です

【日本代表】やはりこの男だけは必要――“自然体”の本田圭佑が不可欠である理由

SOCCER DIGEST Web 10/5(水) 11:30配信

“俺は全然問題ない”と言わんばかりに。

 たしかに、今季のミランではベンチで過ごす時間のほうが圧倒的に多い。試合勘やコンディション面が不安視されるのは当然だろう。
 
 ましてや試合2日前の合流である。帰国してすぐの貴重な1日は「ランニングしかしていない」。
 
 ただ、「ミランに行ってから、監督が代わるたびに、試合に出られない時期がちょこちょこあった。その度に代表に合流してきた」。歓迎すべきことではないと理解しているが、「何度か経験してきた課題。対応の仕方はうまくなってきている」と意に介さない。
 
 本人が周囲との温度差を一番感じているのかもしれない。強がる素振りもなく、淡々と言葉を紡ぐ姿からは、“俺は全然問題ない”と言わんばかりの自然体の本田が垣間見えた。
 
 もちろん、最終予選の厳しさやかかるプレッシャーは承知している。「ある意味、ワールドカップのほうがまだリラックスできる」とも言う。
 
 過度な重圧を覚悟しなければならないアジアでの厳しい戦いにおいて、大事なのは「いかにプレッシャーを受け流すか」だ。とはいえ、全員が全員、本田と同じことができるわけではない。とりわけ若い選手には難しい作業だろう。
 
 プレッシャーに押しつぶされて、本領を発揮できないばかりか、単純なミスを繰り返し、それが失点につながってしまうかもしれない。
 
 そうした事態も想定して、本田は準備をしている。万が一、悪い意味でのプレッシャーがチームに漂い始めたと感じれば、「(それを)緩和する立場にならないといけない」と頼もしく語る。
 
 まずはイラク戦。「心配の声を消せるぐらいの結果を出したい」と意気込む本田は、ピッチ内外で存在感を示し、勝利を呼び込むパフォーマンスを見せられるか。
 
「細かいことは言えないですけど、しっかり相手を分析しながら、自分たちの良さを出す。そのイメージはいくつか形として頭の中にある。とにかく勝ちたい」
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【ミラン番記者】「クラブで控え」本田圭佑の日本代表招集に疑問。イタリアではありえない!

最終更新:10/5(水) 12:09

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。