ここから本文です

【日本代表】「ここの10倍のプレッシャーを受けていた」。自信のハリルがイラク戦で勝利宣言

SOCCER DIGEST Web 10/5(水) 17:16配信

「野心があるなら、プレッシャーを受けないといけない」

 いよいよ明日、10月6日に日本代表はイラクと対戦する。このホームゲームに敗れると、チームはもちろんハリルホジッチ監督は苦しい状況に追い込まれそうだ。しかし、指揮官はそうしたプレッシャーは感じて当たり前だという。
 
「最終予選はプレッシャーがある。ワールドカップですからね。チームも選手も、国のためにも、政治も経済も絡んできますよね。野心があるなら、プレッシャーを受けないといけない。プレゼントを渡すわけではない。勝利を探す、最終予選突破を掴みにいかないといけない。日本ではプレッシャーがない。それが良いことか悪いことか分からないですが、(日本で仕事をする前は)ここの10倍のプレッシャーを受けていました」
 
 ハリルホジッチ監督はイラクの印象について訊かれた時も強気な姿勢を崩さない。
 
「イラクのチームについては知っています。ここ最近の7~8試合を観ました。このチームが十分若いということも分かっています。どういうプレーをしてくるかは完璧に把握している。違う分野での困難は感じています。イラクは長い合宿をしてきましたが、日本はできていない。それでも、日本にはクオリティがある。明日は勝つと思います」
 
 9月のUAE戦に敗れて、逆風に晒されているハリルホジッチ監督。しかし、オーストラリア戦を含む10月の連戦で勝点6を掴めれば、ワールドカップへの視界が開けるはずだ。

【イラク戦の予想スタメン】本田、香川、岡崎ら“冷遇中”の欧州組に頼るのはリスキーだ

最終更新:10/5(水) 17:43

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。