ここから本文です

【ルヴァン杯準決勝・第1戦】G大阪はアウェーゴールを与えず。横浜と「0-0」ドロー

SOCCER DIGEST Web 10/5(水) 21:18配信

ともにチャンスを掴むも均衡は破れず。

[ルヴァン杯準決勝 第1戦]G大阪 0-0 横浜/10月5日/吹田S

 
 3年連続の決勝進出を狙うG大阪と15年ぶりのタイトルを狙う横浜の一戦は、両者ともにチャンスは掴みながらも決め手に欠き、第1戦はスコアレスドローに終わった。

 前半立ち上がり、まずは横浜が決定機を迎える。マルティノスが相手のバックパスに反応し、そのままペナルティエリア内で至近距離からシュートを放つ。しかし、惜しくもポストに当たり枠を外れた。一方のG大阪も24分、31分と倉田が決定機を迎えたが、ゴールを割れず。

 後半に入っても互いに惜しいシーンを作り出すものの、ゴールネットを揺らせず、結局0-0でタイムアップの笛が鳴り響いた。

 ホームのG大阪は、横浜にアウェーゴールを与えなかったため、第2戦は勝利するか1得点以上の引き分けで決勝進出が決まる。0-0の場合のみ延長戦に突入する。

 第2戦は、10月9日(日)に横浜のホーム・日産スタジアムで14時にキックオフされる。



 

最終更新:10/5(水) 21:19

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。