ここから本文です

ボルダリングで人気。東京五輪の正式種目となったスポーツクライミングには3種目ある!

週プレNEWS 10/5(水) 6:00配信

ボルダリングの人気高騰もあって、商業用クライミングジムの数は6年前の約3.8倍増。街中やCMでカラフルなホールド(でっぱり)が取り付けられた壁を目にする機会は増えている。4年後の東京五輪でも追加種目に決まったスポーツクライミングだが、その実態はあまり知られていない。

今から30年ほど前、岩場を登るフリークライミングが世界的に広がり、クライマーが爆発的に増加した。人が増えれば最強を決めたくなるのが世の常。1985年に名だたるクライマーを集めた大会がイタリアの岩場で開催され、それがキッカケでフリークライミングに“競技”の概念が生まれた。89年から本格的に国際競技会が始まり、07年には、五輪の採用を見据えて競技名が「スポーツクライミング」に統一されたのだ。

現在、人工壁のみで行なわれるスポーツクライミングには、「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目がある。

競技の「ボルダリング」は、制限時間内に登った課題(コース)数で順位が決まる。高さ5m以下の人工壁につけられたホールドを使って登り、両手でゴールホールドを保持すれば完登。落下の衝撃は床に敷かれたマットが受け止める。

国際大会では日本人選手が男女で大活躍中だ。男子では楢崎智亜(ならさき・ともあ、20歳)が16年W杯の年間王者で、藤井快(こころ、23歳)が年間2位。16年は女子でも野中生萌(みほう、19歳)がW杯で2勝し、過去4度もW杯年間王者になっている野口啓代(あきよ、27歳)を圧倒した。

「リード」は1度のトライで、制限時間内にどこまで登れたかを競う。高さ12m以上の人工壁を、落下防止のために2mほどの間隔で設置された確保支点にロープをかけながら登る。ボルダリングはホールドが最大12手程度なのに対し、リードは完登までに擁(よう)する手数が50以上と、持久力が試される。ボルダリング代表の陰に隠れがちだが、W杯では是永(これなが)敬一郎(20歳)、小林由佳(28歳)が健闘している。

ボルダリングの浸透で混同されているのがルールだ。競技のボルダリングのスタートは手と足を指定されたホールドに置いてからなのに対し、リードはどこから登りだしてもOK。また、ボルダリングはゴールを両手で保持して完登になるが、リードは最終確保支点にロープをかけたらゴール。最上部のホールドを使わなくてもいい。

見る人が最もわかりやすい種目は「スピード」だろう。高さ15mの人工壁が横並びに設置され、2選手が同時にスタートし、速くゴールしたほうが勝ち。ボルダリングやリードは大会ごとに課題内容が変わるが、スピードはどの大会でも、国際ルールで定められた課題が使われる。

世界記録は男子が5秒60、女子が7秒53。国内にはスピードクライミング用の人工壁がないため注目度は低いが、世界記録保持者ダニエル・ボルディヤフ(24歳・ウクライナ)が証券会社のCMで披露する速さを直で見たら、口をあんぐりさせるに違いない。

右肩上がりで増えているクライミング女子に、この内容を語れればキミを見る目は変わるだろう。ただし、彼女たちが求めるのは“強いクライマー”。一緒に登りに行った途端、幻滅されないように心してかかってほしい。

(取材・文/津金一郎 写真/アフロ)

最終更新:10/5(水) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。