ここから本文です

世界各地のレーシングカーに採用されている、レース用電動パワーステアリングのメーカーは?

clicccar 10/5(水) 9:03配信

最近のレース用車両では、一般の乗用車と同様に電動パワーステアリング(EPS)が普及しています。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

このレース用EPSの分野で圧倒的なシャアを誇っているのが日本の自動車部品メーカー KYB(カヤバ)であることをご存知でしょうか。



KYBがレース用EPSに進出したのは、1994年の全日本ツーリングカー選手権車両向けにEPSを供給したのがはじまりでした。その後、2001年にはル・マン24時間レースのレース車両向けにEPSの供給を開始しました。



近年では同社の独自設計によるモーターとECUを開発し、2013年以降は標準型化されたコラムEPSをレース市場にリリースするほど、同社のレース用EPSはレース業界に浸透しています。

実際に世界各地のレースで同社のレース用EPSの採用実績が高くなっています。

たとえばル・マン24時間レースでは、2016年度全出場車中45%の採用率を確保しており、中でもトップカテゴリー のLe Mans Prototype(LMP)クラスに至っては32台中23台、採用率にして72%に達しています。

また、デイトナ24時間レースでも、Prototypeクラスで88%のシェアを誇っています。



その他、世界各地のモータースポーツではFIA(国際自動車連盟)主催のWorld Rally Cross(WRX)参加車両へもEPSの供給を開始し、国内のスーパーGT、スーパーフォミュラーなど世界中のレースシーンで同社のEPSが活躍しています。

さらに今後の取り組みとして、2016年には無人EVレース「ROBORACE」車両など新たなカテゴリーの車両にEPSの供給を開始しました。

自動車部品メーカーは、目立たない縁の下の力持ち的存在ではありますが、いろいろな分野での活躍が期待されます。

(山内 博・画像:KYB)

最終更新:10/5(水) 9:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。