ここから本文です

初優勝の豪栄道、恩人の葬式を欠席…野球賭博には「答えられない」

デイリー新潮 10/5(水) 5:59配信

 15勝0敗。大関の豪栄道(30)は秋場所で初優勝を飾ったが、この星取表の陰には実は「黒星」がふたつ隠されていた――。貴乃花以来となる20年ぶりの日本出身力士の全勝優勝を成し遂げたものの、彼には決して消し去ることのできない「汚点」があるのだ。

 ***

〈愛情をくれた境川親方に贈る優勝〉(9月25日付スポーツニッポン)

 豪栄道が優勝を決めた翌日のスポーツ紙には「現師匠」との師弟愛を強く押し出す見出しが躍った。だが、

「豪太郎(豪栄道の本名)に会ったら伝えてください。『なぜ来られなかったのか?  お前は子どもの頃のことを忘れたのか?  俺の親父こそ、本当の師匠じゃないのか?』と」

 こう忠告するのは、古市満朝(みつとも)氏(44)だ。

「豪太郎は小さい頃、俺の親父がやっていた相撲の『古市道場』に通っていました。最初に相撲の基礎を教えてやったのは親父なんです。しかも、あいつは中学校に上がる頃、相撲を止めかけていた。あいつの母親に頼まれてそれを思い留まらせ、相撲を続けさせたのも親父なんです。にも拘(かかわ)らず、今年1月、70歳だった親父が亡くなっても、あいつは葬式にやってこなかった。お世話になった人への筋というものが分かっていない」

 こうして怒りと哀しみが混ざった言葉を投げ掛ける古市氏は、豪栄道の「真の師匠」の息子であるだけでなく、より「深い縁」で大関と結ばれている。

 2010年、角界を大いに揺るがせた力士たちによる「野球賭博問題」。違法行為に手を染めていた元大関の琴光喜と元関脇の貴闘力が解雇処分を受けるなど、相撲協会は存続の危機に見舞われた。この「事件」で実刑判決を受けたのが古市氏だった。

 彼は当初、やはり野球賭博に手を出していた豪栄道を、小さい頃から知っていたこともあって庇(かば)っていたが、出所後の15年末、本誌(「週刊新潮」)に〈全ては野球賭博の常習大関「豪栄道」の負け金400万円から始まった!〉と題した手記を寄せ、けん責処分で済まされていた豪栄道に「猛省」を促した。

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 5:59

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。