ここから本文です

ケンブリッジに追っかけ2万人 メダリスト達の凱旋試合

デイリー新潮 10/5(水) 5:57配信

 リオデジャネイロ五輪メダリストたちの凱旋試合が各地で開催されている。

 9月20日から25日まで、東京体育館で開催されたバドミントンの国際試合「ヨネックス・オープン」には、女子ダブルスで金メダルに輝いた“タカマツ”こと髙橋礼華(あやか)(26)・松友美佐紀(24)組や、女子シングルス銅の奥原希望(のぞみ)(21)が出場した。

 あいにく奥原は準々決勝で、タカマツも決勝で敗退してしまったが、主催者は、

「6日間でのべ2万9030人にご来場いただきました。昨年比16%増です」

 とホクホク顔である。

 ただ、リオも取材したスポーツ紙記者が言うには、

「空席が目立ちましたし、タカマツの二人も“本当にブームなの?”と半信半疑のご様子。海外と比べて、日本のお客さんが大人しいせいもありますが……」

 一方、23日から25日にかけてヤンマースタジアム長居(大阪)などで行われた「全日本実業団対抗陸上選手権」は凄まじかった。

 最終日、リオで銀メダルを獲得した400メートルリレーのケンブリッジ飛鳥(23)や山縣亮太(24)が登場し、「例年は、地元のファンや関係者など多くても2000~3000人しか客はいない」(一般紙記者)というこの大会に、無料とはいえ実に2万8000人が集結した。この日はTBS系「炎の体育会TV」の公開収録もあったため、多くのジャニーズファンもカウントされてはいるのだが、

「収録がない前日も1万2000人入りましたし、陸上ファンの熱気も、ジャニオタに負けず劣らず凄かった。山縣らは追っかけファンたちにサインをねだられ、ケンブリッジに至っては背中やお尻をベタベタ触られまくって“セクハラですよ”と苦笑していました」(同)

 10月7日には銀座から日本橋までリオ五輪凱旋パレードが予定されている。メダリストたちのご尊顔をまとめて拝みたい方はこちらをどうぞ! 

「週刊新潮」2016年10月6日号 掲載

新潮社

最終更新:10/5(水) 12:43

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。