ここから本文です

藝大生の必需品 最後の秘境「東京藝大」探検記(2)

デイリー新潮 10/5(水) 7:00配信

 上野の森の奥深くにたたずむ東京藝術大学は、日本でただひとつ、音楽と美術の学部をあわせもつ大学である。そこに棲息するのはアートに人生を賭ける「芸術家の卵」たち。

 彼らの姿を生き生きと描き出したノンフィクション『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』の著者、二宮敦人さんは、取材を重ねる中で、学生たちの持ち物にも着目したそうだ。

■口の怪我は「捻挫のようなもの」

「必需品ってありますか、と毎回聞くようにしていたんです。そうしたら出るわ、出るわ、聞いたこともないようなアイテムが。『響声破笛丸』ってご存知ですか?」
 きょうせいはてきがん、と読む漢方薬だそうである。

「声楽科の方の必需品です。喉を常に使うから、のどあめが必須なんですね。プロポリス、ボイスケア、龍角散の3派に分かれているそうですが、本当に調子が悪い時に使う最終兵器が、『響声破笛丸』なんです」

 文字面を見るだけで効きそうだが、喉の仕事をする人たちの中では有名な薬だそうだ。

「リップクリームが欠かせないと言っていたのは、ホルン専攻の学生さんです。あ、スティックタイプのものではなく、ケースにクリーム状になって入っている、薬用のものです。ホルンでは口で音を出し、楽器でそれを増幅するので、口が荒れてしまうと大変なんだそうです。口内炎ができてしまうと、もう……涙目で吹くことになるのだと」
 
 口は、彼らにとっては商売道具なのだ。

「普段からビタミンを取ったり、ケアをしているそうですよ。『口の怪我は、アスリートでいう捻挫のようなもの』とのことでした」

 もちろん扱う楽器が変われば、必要とする道具も変わってくる。

「打楽器やハープを専攻している方は、テーピングや高級な絆創膏が手放せないと言っていました。太鼓のバチは指の間に挟んだりするので、その部分の皮が剥けたり、マメができるそうです。ハープは爪のキワが食い込んだりするそうですね。ただ、安い絆創膏を使ってしまうと、ねばねばしたものが弦についてしまうので、ケアリーヴという少し良い絆創膏を使っていると聞きました」

 ボクサーがバンテージをしたり、サッカー選手がレガースをするようなものらしい。スポーツ選手と同じように、準備運動もあるそうだ。

「ファゴット専攻の学生さんは、毎朝、藝大に行く電車の中で指をつまんで伸ばして、ぐいぐいやって、ストレッチするそうです。この準備運動をすると、指の回りが全然違うそうで」
 
 喧嘩に行く前の不良のような話だが、ファゴットは指で押さえるところが28個もある。指が動かないと練習をするにせよ、演奏をするにせよ、どうしようもないのだ。

 日常が大事。習慣が大事。

 音校(音楽学部)のいくつかの専攻では、常にハイヒールを履くことが推奨されているという。ただお洒落だから履いているわけではない。本番ではハイヒールにドレスで演奏するのだから、普段からそれに体を慣らしておいた方がいいというわけ。

 一方、美校(美術学部)で推奨される服は、エプロン、ツナギ、ジャージといった作業着だ。汗だくになって、絵具まみれになって作業するから、汚れてもいい服でいる方が良いのである。

 ただ、そんな美校内でもちょっとした派閥があるとか……。

「油画はだいたいツナギですけど、版画の人たちはエプロン着用のようですよ。版画の人たちはツナギにちょっと憧れてて、油画の人たちはエプロンがお洒落だなって思ってるらしいです」

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 7:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。