ここから本文です

汐留の高層ビル群を水面に映す池は 徳川家の将軍が鴨狩りに興じた場所

CREA WEB 10/5(水) 12:01配信

Magnificent View #1100浜離宮恩賜庭園(東京都)

 東京のビジネス街にありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれるような景色が見られるのは、浜離宮恩賜庭園。江戸時代に造られた徳川家の大名庭園だ。

 広大な敷地の中でも見どころとなっているのが、「潮入の池」。これは海水を導き、潮の満ち干によって池の趣を変えるもの。ハゼやウナギが泳ぎ上空にカモメが飛ぶ池と、背後に立つビル群とのギャップある風景は、この庭園の名物となっている。

 ここは江戸時代、将軍が鴨狩りを楽しむ場所でもあった。飼い慣らしたアヒルをおとりに鴨をおびき寄せ、網で捕まえる「鴨場」には、獲物を監視する見張り小屋も残されている。

 そんな江戸時代の風情あふれるここは、都内きっての紅葉スポット。秋になると池の周囲が色づき、水面に美しい姿を映し出す。かつて将軍が楽しんだ風景を想像しながら楽しむ紅葉もまた、見ごたえがありそうだ。

芹澤和美

最終更新:10/5(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか