ここから本文です

竹野内豊が窪田正孝&野村周平をオトナの世界へ導く!? 「uno」新CM

エンタメOVO 10/6(木) 15:18配信

 竹野内豊、窪田正孝、野村周平が出演する、エフティ資生堂の男性用化粧品ブランド「unо(ウーノ)」の新CMが10月7日から全国で放送される。

 前回、イケメン3人が出演していることから、世の女性を中心に話題となったウーノ。新しいCMでは、舞台が空港の入国審査場からセキュリティーチェックへと移され、“肌”の検査官である竹野内が窪田と野村のスキンチェックを行う。

 「肌ウーノ クリームパーフェクション」篇(10月7日から放送)では、空港のセキュリティーゲートを通ろうとした窪田だったが、ゲートで「NOT OTONA」のランプが光り、警報音が鳴ってしまう。そこで検査官の竹野内が「肌チェッカー」を窪田の顔に当てると額部分は「ベタツキ」、口元部分は「カサツキ」、さらに胸部分では「だから弱気」と診断されてしまう。

 肌のコンディションが整っていないことが、自信がない状態につながっていると見抜いた竹野内。そんな竹野内から「クリームパーフェクション」を手渡された窪田は、さっそくそれを肌に塗り、再度セキュリティーゲートを通ると「OTONA」ランプが光る…、という内容だ。

 一方、「肌ウーノ ホットジェルクレンズ」篇(10月28日から放送)では、同じくセキュリティーゲートで「NOT OTONA」というランプが光ってしまった野村に、竹野内が肌チェッカーで診断。鼻部分では「毛穴に」、頬部分では「アブラ」、胸の部分にあてると「だからイライラ」と診断されてしまう。そんな野村に竹野内が「はい、あっためてー」と「ホットジェルクレンズ」を差し出し、それで洗顔を行った野村が再度セキュリティーゲートを通ると「OTONA」ランプが光り、次の世界へと進んでいく…というストーリーだ。

 今回は2度目の撮影ということもあり、3人はリラックスした雰囲気で、それぞれが終始笑顔で語り合う雰囲気の中、撮影が進んだという。

最終更新:10/7(金) 11:10

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!