ここから本文です

「ずっとオリンピックやってるような状態」 深田恭子とマツコ、異色姉妹がオリンピックについて語る

エンタメOVO 10/6(木) 16:59配信

 スポーツくじ(toto・BIG)感謝イベントが6日、東京都内で行われ、CMキャラクターの深田恭子、マツコ・デラックス、リオオリンピック・パラリンピックメダリストの吉田沙保里、伊調馨、三宅宏実、大野将平、ベイカー茉秋、山本篤、池崎大輔が登壇した。

 深田恭子が「テレビでマツコさんを見かけるとお姉ちゃんがテレビに出てる!と思うようになりました」とコメントするとマツコは「お姉ちゃんなんて思ってないと思います。ただ、誰も血のつながった姉妹とは言ってないからね、何か複雑な事情のある関係かもしれないし…」とコメント。

 記者たちに対しても「お前ら、深田恭子にお姉ちゃんって思われて(マツコが)浮かれてるなんて書くんじゃないぞ、身のほどは分かっているから」と自虐的な挨拶に会場では大きな笑いが起きた。

 オリンピックの感想を求められた柔道73kg級の大野は「鈴木桂治コーチに、オリンピックは異常な場所だと言われて現地入りしたんですが、60kg級の高藤選手が20分くらい部屋の中をぐるぐる回っていたんです。本人は全然覚えてないって言うんですけど、その姿を見ていたら面白くなってしまいました」とオリンピックでの不思議な思い出を語った。

 その発言を受けてマツコは「私はいつも気持ちが不安定だから、ずっとオリンピックやってるような状態よ。異常者なんだって分かってるの」と自分の思いを重ねた。

 アスリートにとって資金的なサポートの重要性を聞かれた吉田は「合宿の費用など本当に助けられています。私たちが競技を続けられるのはtotoさんやBIGさんをはじめ、皆さまからのサポートがあるからだと感謝しています」と覇気のある声で答えた。

 東京オリンピックが開催されることに話が及ぶと、マツコは「リオもだけど、今年はパラリンピックもすごい盛り上がったから、東京ってなったらもっとすごいだろうね。だけどね、そのためにはお金が必要なの。だから…、買ってちょうだい」と締めくくった。

最終更新:10/6(木) 16:59

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。