ここから本文です

大炎上のソフトバンク松坂に「登板の意味」深読み

R25 10/6(木) 7:00配信

ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が10月2日、楽天イーグルス戦に登板。1回3安打4四死球5失点という厳しい結果に終わり、ネットユーザーからはその“引き際”について様々な意見が寄せられている。

松坂の日本球界での1軍登板は、西武ライオンズに所属していた2006年シーズンのプレーオフ以来、3648日ぶり。つまり、約10年ぶりの登板だったわけだが、残念ながらいい結果を出すことはできなかった。

日刊スポーツによると、試合後、松坂は記者に対し「結果と内容を受け止めて、また(ファーム施設のある)筑後で頑張ります」と来シーズンに向けて、前向きな姿勢を見せたという。
※ファーム:2軍のこと

しかし、ネットユーザーの見方はかなり厳しい。ツイッターでは、

「松坂の体ボロボロなんだろうけど西武時代の美しいフォームから繰り出される唸るようなストレートがまた見たい」

など、今後に期待したいという声もあるが、

「松坂……次あるんか… 引き際も大切かと… 大エースだったのに…」
「松坂投手筑後でもう一度などと言わず引退すると言ってくれ」

と、もはや限界なのではないかという意見が多いのだ。さらには、

「昨日の試合はソフトバンクが松坂大輔に『暗に用意した』引退試合ではなかったのか?彼はあまりにも引き際が悪すぎる」
「ソフトバンクはなんで2軍でもアレな松坂登板させたんだろ。 引退促すためかな」

など、2日の登板の意味を深読みするネットユーザーも多かった。

「平成の怪物」と呼ばれ、日本を代表する投手だったが、昨年8月には肩の手術を終え復調に努めるも、往時には程遠いと言わざるをえないのが今の松坂。まさに崖っぷちの状況で、3年契約の最終年となる来シーズンに挑む。

(小浦大生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/6(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。