ここから本文です

小林麻央見て「私は頑張れてない…」と葛藤抱く乳がん患者も

NEWS ポストセブン 10/6(木) 16:00配信

 乳がん闘病中の小林麻央(34才)が開設したブログ。今の気持ちや病状を素直に綴るこのブログには、多くの人から共感や励ましのメッセージが届いている。

 しかし一方で「まだつらくて読むことができない」という人もいる。自身の乳がんにかかった経験を生かして、湘南記念病院かまくら乳がんセンターで患者の相談にのっている乳がん体験者コーディネーターの山口ひとみさんは言う。

「がん患者の中には、やる気が出ないと悩んでいる人もいます。病状も、立場も、価値観も違います。ブログが勇気を与えることばかりだとは言えないんです」

 正直に前向きな思いを明かす麻央は、人々に勇気を与える患者だととらえられる。そう思うからこそ、「彼女と違って、隠す自分はだめだ。がんばれていない」と自分を責めたり、落ち込んでしまったりする人がいるのだという。

 4人目の子供を産んだ直後の2005年12月、左胸に乳がんが見つかった藤田美由紀さん(仮名、52才)もそのひとりだ。きれいにメイクして、髪の毛の先をくるんとカールさせた彼女は、麻央がブログにアップした写真を、たまたまニュースで見たときはとても驚いたという。

「まつげもないし眉毛もないし、私の知っている麻央さんじゃない。なのによく載せたな、麻央さん、すごいなって。私は前と変わってしまった姿を見られるのが嫌で、ゴミ捨てに行くのも、誰もいない時間を見計らってね…恥ずかしいから。どうしたの? って言われたくなくて」

 そもそも藤田さんが自分の体の異変に気づいたのは24才で長男を産んだ後。左の乳腺からおっぱいが出なくて、岩みたいに硬くて痛かった。おかしいとは思ったものの、今ほど乳がんが知られていなかったし、右のおっぱいが出ていたこともあって、藤田さんも彼女の夫や家族もそういうものだと思って放っておいたら、授乳が終わると痛みもなくなった。それは2人目、3人目と産んだ時も同じ。ただ4人目を産んだ後の痛みが我慢できなかったため病院へ行ったところ乳がんだと宣告された。ステージはIIとIIIの間で、薬があまり効かず、進行も早い「トリプルネガティブ」と呼ばれるタイプのがんだった。

1/3ページ

最終更新:10/6(木) 16:00

NEWS ポストセブン