ここから本文です

今食べるべき一杯はコレ!ラーメン総合ランキングTOP5・福岡編

東京ウォーカー 10/6(木) 12:15配信

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。読者やWebユーザーらからの投票により決まる同ランキング、早くも今年の結果(福岡編)が届いたので紹介しよう。

塩らぁめん(600円)。ダシを効かせたマイルドなスープと、もちもちの自家製麺の絡みは文句なし。じっくりと低温で炙った弾力のある鶏モモ肉のチャーシューなどがのる

■ 【第1位】らぁめんシフク

店の入口付近にある製麺機ですべての麺を作る。中太の手もみ麺、ストレートの細麺・中太・太麺をラーメンによって使い分け、そのどれもがコシともちもち感が共存する。自家製麺と魚介ベースのスープの相性も抜群で、あっさりながらもダシが効いている。今年から、トッピングしているキクラゲを栄養価の高い沖永良部島産に変更したところにも注目したい。

■ 【第2位】ふくちゃんラーメン

創業41年の老舗で、3代にわたり味を守り継いできた。豚の頭骨のみをふんだんに使用した濃厚なスープが特徴。丸2日じっくり炊いたコクのあるスープと、その日に煮込んだ新しいスープをブレンドして一杯にする。カウンターにあるチャーシューもやし(なくなり次第終了)、辛味ニラが食べ放題なのもうれしい。

■ 【第3位】安全食堂

1974(昭和49)年に創業し、オープン当初から変わらぬ製法で作るラーメンが人気。秘伝のスープは豚の頭骨を使用せず、背骨とゲンコツでじっくり煮込むことで、コクとあっさりを同時に感じられる一杯に仕上がる。喉越しのよさを追求した極細麺と絶妙にマッチ。オーソドックスかつシンプルな奥深いラーメンだ。

■ 【第4位】舞鶴麺飯店

7種の定食がすべて¥680という良心価格で、昼時は満席になるほどの人気ぶり。麺メニューも7種あり、濃厚なゴマの風味が楽しめる担々麺(¥650)や、程よい酸味が楽しめる酸辣湯麺(¥650)がオススメ。清潔感のあるモダンな雰囲気の店内は女性でも入りやすい。

■ 【第5位】麺処 金田家

店主・金田和浩さんがオリジナルで作り上げた渾身のスープは、毎日150kgもの黒豚の豚骨を炊いて仕上げている。かなり濃厚だが臭みはなく、油は使っていないため、あと口はあっさり。根昆布やシイタケを漬け込んだ、まろやかな醤油ダレが味を引き締める。

これから冬に向かい、ますますラーメンがおいしい季節に。今回紹介したラーメンを筆頭に、評判のラーメン店巡りをしてみてはいかがだろうか。【ラーメンWalker編集部】

最終更新:10/8(土) 13:50

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。