ここから本文です

カープファンに贈りたい!? 世界の賞をさらった「鯉錦」日本酒

東京ウォーカー 10/6(木) 22:00配信

大人かわいいネコのイラストがたまらない「にゃんかっぷ」(志太泉酒造)や、はんなりガーリーな「四季の純米吟醸ボトル(招徳酒造)」など、今はオシャレなボトルの日本酒がたくさん。でも、こんなにも美しく気品あふれる和なボトルが未だかつてあったでしょうか? それは、2016年度グッドデザイン賞を受賞した日本酒「錦鯉」(今代司酒造)のデザインボトルです。

【写真を見る】並べておくと、まるでホンモノ! お祝いの席にふさわしすぎる



日本を代表するような日本酒をというテーマで企画され、生きた宝石とも呼ばれる観賞魚「錦鯉」をモチーフにし、この日本酒が生まれたのだとか。



「錦鯉」というネーミングは、かつて巷に出回っていた「金魚酒(金魚が泳げるほどに水で薄められた酒という揶揄)」に対し、当時も薄めることなく出荷していた蔵元のプライドと誠意が伝わってきます。金魚じゃなくて「錦鯉級」だということですね。



錦鯉の柄である美しい赤が目にまぶしいボトルは、まるで錦鯉の姿そのもの。より分かりやすく「鑑賞」するために、錦鯉の形にくり抜かれた窓のついた「付属カートン」も用意されています。錦鯉はグッドデザイン賞のみならず、カンヌライオンズやワンショウなど世界各国で10以上のデザイン賞を獲得しているのも、納得。



こいのぼりでよく知られるように、鯉は日本の縁起物。義両親や親せき、目上の方へちょっと気の利いた贈り物をしたいときなどに、ぴったりの日本酒となるでしょう。さらに贈る相手がカープファンだったら、パーフェクトかも(球団名のカープは、英語で「鯉」という意味)。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/6(木) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。