ここから本文です

フィフィ、愛之助の結婚式に出席した元恋人に困惑「アナタだったら行く?」

週刊女性PRIME 10/6(木) 18:00配信

9月28日、歌舞伎俳優・片岡愛之助と藤原紀香の結婚披露宴が行なわれ、歌舞伎界をはじめ多くの著名人たちが列席したが、そのなかには片岡愛之助の元愛人の姿もあったことが明らかとなった。「週刊文春」によれば、元愛人は都内に暮らす30代後半のシングルマザー。2012年から2013年にかけて交際していたという。これを受けフィフィは、自分ならば、かつて付き合いのあった人の結婚披露宴に出席するか、否か、思わず考えてしまったという。

 今回の件を知って、スーパーからの帰り道に自分だったらどうするだろうかと考えたの。答えはNOでした。そんなの行きませんよ(笑)。

 付き合っていた人の幸せを見せつけられることも嫌だし、心底愛していたとしたら、悔しいし。逆に愛してなかったとしたら、そもそも興味がないわけ。

 じゃあ、どういう場合なら、かつて付き合いのあった人の結婚披露宴に行くのかと考えたとき、まず考えられるのは“恨み”。勝手に来る人ね。次に“略奪”。これは映画『卒業』の名シーンに見られるような(笑)。あと一般的に一番よくあるのは、“世間体”。同じ会社であったり、学生時代に同じコミュニティに属していたために、その子だけ呼ばないわけにもいかないし、その子だけ欠席はできないという場合ね。

 そして、とても稀なケースだとは思うんだけど、“好奇心”。今回の元愛人の場合は、これに当てはまると思うよ。まあ、この好奇心が成り立つのは、芸能人だからだとは思うけどね。

 実際に、愛之助さんときちんと付き合っていたと思われるタレント・熊切あさ美さんは呼ばれてないでしょ。彼女の気持ちを配慮して。熊切さん自身、10月2日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、この話題になった際、複雑な表情を浮かべていましたけど、それが普通。

元恋人の結婚披露宴に呼ばれたとしたら…

 元愛人とはいっているけど、彼女には愛之助さんに対する愛はなく、単純に好奇心から付き合っていたただけで、愛之助さんもそのことをわかっていたんじゃないかな。だから声をかけた。そうじゃなければ、残酷過ぎて普通、誘えないよ。

 好奇心だけの付き合いだったからこそ、ミーハーなノリで結婚披露宴にも行くことができたし、紀香さんを含めた3ショット写真を撮るなんてこともできたんだと思うよ。真相は2人にしかわからないけどね。

いかに浮世離れした世界なのかを実感

 まあでも、歌舞伎といえばかつては「女遊びは、芸の肥やし」という言葉があったくらい、色気のある話が尽きないものだし、普通の常識では考えられない世界。

 だから、この一件を私たちがあまり深刻な出来事と捉える必要はないし、紀香さんも悩む必要はないんじゃないかな。

 そんな浮世離れした世界に入ったということで、いろいろあるとは思いますが、どうか来世迄お幸せに! 

《構成・文/岸沙織》

フィフィ(構成・文/岸沙織)

最終更新:10/6(木) 18:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。