ここから本文です

ジジ・ハディッドがリーボックの新しい顔に!

MEN’S+ 10/5(水) 23:51配信

高校時代はバレーボール部のキャプテンでもあったジジが本領発揮!!

 ジジ・ハディッドが、このたび「リーボック」の新たなアンバサダーに就任しました。 
 
 「リーボック」は、運動をすることで社会的圧力から「脱出」しようというテーマを掲げたパーフェクト・ネバー・キャンペーン(#perfectnever)を打ち立て、その顔としてジジを起用することを発表したのでした。
 
 2013年にはマリブの高校で、バレーボール部のキャプテンも務めていたジジは、まさに運動をしている時間にこそ、安らかな時間を得られると明かしています。「私が競争心の強いアスリートだったとき、私があまりにも完璧でいることに集中していたから、コーチが試合自体から私を抜いたこともあったものよ。私は自分のミスに焦点を当てすぎていたんだけど、それでもっとたくさんのミスを招くことになってしまったわ。ドミノ効果ってやつね。焦点を当てなおして、自分のやるべきことを立て直すために考え方を変えることを学ぶまではこんな感じだったわ。これは私の間違いだったわね。不完全であることが私のモチベーションをあげていたのに」、と語っています。
 
 現在、ミュージシャンでワン・ダイレクションの元メンバーであるゼイン・マリクと交際中のジジですが、「エクササイズこそが社会的・身体的・精神的な利益をもたらす」というリーボックの3つ原則にとても共感していると続けています。 
 
 「エクササイズというのは私にとって身体的なものだけじゃないの。精神的な面もなのよ。頭の中のもやもやから抜け出すことができるの。唯一私の思考が落ち着く時だわ」と。

【リーボックの広告に登場しているジジの画像を見る!】

 そしてさらにジジは、「リーボックのキャンペーンに参加できることを誇りに思う」と続け、ファッション業界で働く女性の一人として境界線をこれからもどんどん押し上げていくことを約束しました。ジジは自身のインスタグラムにボクシングをしながら汗を流す写真を投稿し、「完璧でいようとしても私たちは自分の期待を超えることはできない。私達の持つすべての可能性に達することはできないの。私達が自信を持って、自分自身を愛すること、でも、そのくらいの情熱を持ちながら、『良い』は『最高』の敵であることを覚えておいてね。今の自分に満足しちゃだめよ」、とコメントを添えています。
 
 次のページから、その写真を紹介しましょう!

メンズ・プラス編集部/BANG SHOWBIZ

最終更新:10/5(水) 23:51

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。