ここから本文です

「ちょこっとそうじ」を続けることで幸運が呼びこめる!?

OurAge 10/6(木) 12:00配信

「風水とは、中国に古来より受け継がれている環境学のこと。良い環境には良い気が流れ、そこに住む人々にも幸運をもたらす、というのが風水の知恵なのです」と言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。

「風水では、家は五体を表しているとされています。家の中がきれいになることで、心も身体もすっきりできるのです」
引っ越ししたり、リフォームをして環境を変えるのは、時間もお金もかかって困難だが、そうじなら、気軽に住み心地の良い環境を整えることが可能だ。

とはいえ、誰でもそうじは面倒だ。できれば汚れがこびりついた場所は見てみないフリをしたくなるもの。また、要らなくなったものは、思い切って全部捨てよう!と決心しても、作業をしているうちに「やっぱりいつか使うかも…」と捨てがたくなる。

そんなときは考えてみよう。そうじをするだけで、心の中まですっきりし、もしも願いがかなうとしたら。もしも悩みを解決することができたら…。
「ただし無理は禁物」と林さんは言う。毎日気がついたところを、ほんのちょこっときれいにするだけでOKとのこと。これならずぼらな人でも「毎日」がかなう。例えば、トイレの使用後にささっと便器を磨いてみる。入浴したとき、排水口にたまった髪の毛を取り除いてみる。その第一歩が肝心なのだ。

「気合いを入れて、家全体の大掃除をするのは、年に一度だけで充分です。そうじを義務のように考えて取り組むと、これほど苦痛なものはないでしょう。それでは継続するのが困難です。思い立ったときに、思い立った場所をそうじするので構いません。あとは毎日『ちょこっとメンテナンス』するだけで最初の『キレイ』を持続させることができますから。それから『今度はここをきれいにしよう』となっていけばいいわけです。

そうじしているうちに、“楽しさ”や“願い”に一歩近づけたかな、という手ごたえが得られたら成功です。ほんの5分でかまいません。できるところから『ちょこっとそうじ』を始めてみましょう」

最終更新:10/6(木) 12:00

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ