ここから本文です

『ローグ・ワン』新ドロイド「K-2SO」ビジュアル公開 性格はチューバッカに近い?

リアルサウンド 10/6(木) 5:00配信

 スター・ウォーズの原点へと続く“もうひとつの物語”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』より、新ビジュアルが公開された。

 本作は『エピソード4』の直前までが描かれる『スター・ウォーズ』シリーズのアナザー・ストーリー。反乱軍の寄せ集め極秘チーム“ローグ・ワン”が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪う不可能なミッションに挑む模様を描く。

 このたび公開された新ビジュアルには、R2-D2、C-3PO、BB-8に続く新ドロイドとなる“K-2SO”の姿が捉えられている。また、主人公ジン・アーソと“ローグ・ワン”の一人キャシアン・アンドアとの関係も明らかになった。

 ギャレス・エドワーズ監督はK-2SOについて“C-3POとは真逆”だと言及。神経質でうるさいC-3POとは正反対で、タフで自信に満ちており、忠誠心を持ち合わせているキャラクターだと明かしている。さらに「K-2SOは見た目はドロイドだけど、性格的にはチューバッカに近いね」と語る。

 また新ビジュアルでは、一人遠くを見つめている主人公ジン・アーソの後ろで、ジンのお目付役で反乱軍の情報将校キャシアン・アンドアとK-2SOが目線を合わせている。キャシアン演じるディエゴ・ルナは、2人の関係について「キャシアンとK-2SOはお互いのことを長い間知っているんだ。キャシアンはずっと反乱軍にいてとても寂しい人。そんなキャシアンの唯一の友人がK2なんだ」と、親友同士であることを明かしている。

 写真をよく見ると、K-2SOの腕には帝国軍の証であるマークが。K-2SOは、元は帝国軍のドロイドだったが、キャシアンが再プログラムし反乱軍の仲間となった過去があるようだ。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/6(木) 5:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。