ここから本文です

【木村和久連載】超セレブにも 会える!? 海外ゴルフの醍醐味とは

webスポルティーバ 10/6(木) 11:44配信

専門誌では読めない雑学コラム

木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第74回

 仕事柄、海外でもたくさんゴルフをさせていただきました。海外に行くと観光気分になるのか、スコアはさっぱりですが、楽しいラウンドばかりです。数ある海外ゴルフの中で、面白かったものをいくつか紹介したいと思います。

【写真】「ハロ~、ワールド~」まもなく復帰するタイガー・ウッズ

 まずは何と言っても、最近急成長している中国市場の話は外せません。過去20年近くの間に5回ぐらい中国に行っていますが、次第にお金持ちになっていく国の姿が見られて、そのつど面白かったです。

 最初に中国でゴルフをしたのは、およそ20年前。香港経由で深センに行きました。

 驚いたのは、深セン駅についた瞬間、現地のお兄ちゃんたちが寄ってきて、勝手にキャディーバッグを持ち去ってしまったこと。「やばい」と思ったんですが、実は彼らは個人ポーターをやっていて、いくばくかのお金を払えば、荷物を運んでくれる人たちだったのです。あ~、一時はどうなるかと思いましたよ。

 その後、現地ガイドと合流すると、すかさず「チンモッコウ先生のコースへ行きましょう!」と誘われます。「それは、誰ですか?」と聞くと、「知らないの? チン先生は日本の有名なプロゴルファーよ」と、ガイドさん。

 ん? 陳清波プロ(ちん・せいは/1931年生まれ。台湾出身。昨年、日本プロゴルフ殿堂入り)かと思ったんですが、なんと世界の青木功プロのことでした。確かに、中国読みでは「チンモッコウ」ってなりますよね。

 実際、深センゴルフクラブのABコースは青木功プロが設計していて、もはやどんなコースだったか忘れてしまいましたが、日本ぽかったなぁ~、というのは覚えています。

 昔の深センは、かなり”田舎感”が漂い、食事もイマイチでした。ところが、ミレニアムを過ぎてから、香港と見分けがつかないほど立派になって、食事も美味しくなり、ゴルフ場もどんどん増えていったのです。

 そして、2度目の深センでは、世界最大級の『ミッションヒルズ』というコースを訪問しました。なんと12コース、216ホールですから、日本屈指の『軽井沢72コース』どころの規模ではありません。世界の名だたる設計家が競ってこしらえたコースで、あまりの広さに、何だかよくわからない状態でした。

 練習場に行くと、大型のベンツで乗りつけてきた、いかにもバブルって感じのオジさんが、携帯電話を首にあてがって喋りながら練習を開始しました。何やらがなりたてながらも、クラブを持ってテークバックに入ると、ものの見事に空振り。まさか志村けんさんのコントみたいなことを本当にやってくれるとは……。まあ、2000年代を迎えた当時、中国の方にとってはゴルフをやることが”富”の象徴だったんですね。

 続いては、「ゴルフ大国」アメリカでのお話をしましょう。

 ゴルフ取材のついでに、西海岸のタイガー・ウッズの生家を見に行ったことがあります。アメリカにしてはこじんまりした文化住宅でしたが、家の前に立って「ここでタイガーは生まれ育ったのか」と思うと感慨もひとしおでした。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 14:33

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。