ここから本文です

Facebook、ユーザー同士でモノを売買できる「Marketplace」開始

WIRED.jp 10/6(木) 7:10配信

フェイスブックは、「Marketplace」の提供を開始した。近隣地域のユーザー間でものを売買できるアプリケーションの新機能だ。Marketplace自体は「Facebook Groups」の機能として以前から存在してきた(筆者も、地元の子どもをもつ親のグループに所属し、数年前からいろいろなものを売買している。とても便利な機能だ)。

【各プラットフォームからの買い物事情は?】ようやく「Pinterest」で買い物ができるようになる

10月3日付のプレスリリースによれば、新しいMarketplace機能は、「iPhoneまたはAndroidでFacebookのアプリケーションを使用する米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドの18歳以上が対象」だという。

コミュニティサイトで個人間の売買ができる「Craigslist」と同様、支払いや発送の手続きもアプリケーションで行うことができる。

Facebookのメッセージアプリ「Messenger」のボタンがあった場所に、これからは「shop」ボタンが表示される。

なお、フェイスブックは10月2日、余分な機能を削ぎ落とした「Messenger Lite」も発表した。当初はケニア、チュニジア、マレーシア、スリランカ、ベネズエラで提供し、順次ほかの国にも拡大していく予定だ。

CYRUS FARIVAR

最終更新:10/6(木) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。