ここから本文です

デリケートゾーンの悩みを症状別に解説! 女子がかかりやすい性感染症まとめ  [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/6(木) 18:00配信

デリケートゾーンの違和感、それって病気のサインかも!? 症状別に徹底解説します!

CASE 1

□おりものが増えた
□下腹部に痛みを感じる
□性交時に痛みを感じる
□不正出血がある

“クラミジア”のおそれがあります。
若い女性にもっとも多い性感染症で、8割に自覚症状がありません。重症化すると子宮外妊娠や不妊の恐れも。セックスで感染するものなので、 パートナーと一緒に検査を受け治療をすることが大切です。

CASE 2

□泡状で悪臭の強いおりものが出る
□外陰部やに強いかゆみがある

“膣トリコモナス症”の恐れがあります。
「膣トリコモナス」という原虫が性器に入り込むことで起こる病気。泡状で黄緑色の悪臭のあるおりものが増え、性器に強いかゆみがあります。感染力が非常に強いのが特徴。体力が落ちているときに発症します。

CASE 3

□膣の周辺の猛烈なかゆみ
□ぼろぼろした白いカッテージチーズ状のおりものがある
□膣の周辺がヒリヒリする
□膣の周辺が赤くなったり発疹がある

“カンジダ膣炎”の恐れがあります。
カンジダは腟や消化器などにいる常在菌で、これが腟で異常に繁殖したのがカンジダ腟炎です。抗生物質を飲んだあとや、 体の抵抗力が落ちて発症することも。激しいかゆみや白くてぼろっとしたおりものが特徴です。

CASE 4

□おりものが増えた
□下腹部、 周辺が赤く なり、かゆい
□不正出血がある
□排尿時に痛みがある

“淋病”の恐れがあります。
淋菌という細菌に感染することで起こり、 男性を中心に広がっています。排尿時の痛みや、下腹部、腟周辺が赤くなりかゆいなどが主な症状ですが、症状が強く出ない場合も多いので、 思い当たる症状があれば早めに検査を。

with 2016年11月号より

最終更新:10/6(木) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。