ここから本文です

Facebook「秘密のスレッド」機能をスタート

WIRED.jp 10/6(木) 7:10配信

Facebookで「Messenger」アプリを利用する9億人全員が、「秘密のスレッド」(Secret Conversations)を利用できるようになった。メッセージの強力な暗号化が可能で、自動的に消滅するように設定できるものだ。

フェイスブックはMessengerアプリの利用者間での暗号化のテストを7月に開始していたが、ついに公開にこぎ着けた。

これはユーザー本人の判断で利用できるオプトイン機能であり、ユーザーは自分のメッセージを暗号化して、チャットに参加している人々以外は、(運営会社であるフェイスブックや警察、諜報機関でさえも)会話を見ることができないようにすることができる。

「Messengerは現在でも安全な通信チャネルを利用しており、Messenger上でのみなさんのメッセージや通話は、すでに強力なセキュリティーシステムで保護されています」。今回のアップデートを知らせるブログ投稿のなかで、フェイスブックはそう述べている。

「しかし、セキュリティー措置を追加してほしい場合がある、というみなさんからの声をお聞きしてきました。おそらく、信頼できる友人や家族と、病気や健康問題など内密にしたい情報を話し合ったり、会計士に財務情報を送信したりする場合だと思われます」

秘密のスレッドのサーヴィスでは、Open Whisper Systemsが開発したプロトコル「Signal」を利用する。各メッセージに利用者間の暗号化を追加することにより、メッセージの傍受を不可能にするのだ。

秘密のスレッドにおける送信者と送信相手の両者がデヴァイスキーをもち、このキーを使ってメッセージが利用者間で暗号化されていることを確認できる。さらに、会話からメッセージを消去するタイマーを設定することもできる。

秘密のスレッドを始めるには、まずはホームタブから、右上隅にある「Secret」ボタンをタップし、メッセージを送信したい相手を選択する。メッセージの自動消去を設定するには、テキストボックスのタイマーアイコンで設定する。

現時点で秘密のスレッドを利用できるのは、iOSとAndroidのMessengerアプリのみに限られるため、Facebookのチャット機能や「messenger.com」ではスレッドは表示されない。秘密のスレッドを見ることができるのは、スレッドを作成するデヴァイスと、受信者がスレッドを開くために使用するデヴァイスだけだ。

VICTORIA WOOLLASTON

最終更新:10/6(木) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。