ここから本文です

都議会代表質問スタート。小池劇場は拍子抜けに? --- 早川 忠孝

アゴラ 10/6(木) 12:30配信

都議会での各会派の代表質問が今日から始まった。
自民党や公明党の都議団が小池都政にどう向き合うのか、その基本姿勢がいよいよ明らかになる。

自民党の都議団には、党本部に造反して反小池を明言するような人は一人もいないはずである。

心から小池さんを受け容れることは難しくても、表面的には小池さんとの協調姿勢を強調する程度のことはありそうだ。

上の人が決めたことには従順な人たちが多いだろうから、二階幹事長の撃ち方止めー、の号令を無視して小池攻撃に走る人はいない。

小池さんは、拍子抜けしてしまうかも知れない。
小池さんの要求されることは何でも受け容れます、などと言われてしまうと、小池さんもあまり無理が言えなくなってしまう。

小池さんの都知事選挙の応援に走り回った7人の士に対する処分などはいずれ有耶無耶になるはずだ。

まあ、自民党らしい決着になる。
とにかく一応の結果は出る。

聡明な小池さんだから、多分、今は無理をしない。
自民党都議団の人たちもそれなりに聡明だろうから、大人しいはずである。
ドラマを期待していた観衆の方々はきっと拍子抜けされるだろうが、まあ、結果良ければすべてよし、というところだ。

今は、振り上げた拳の降ろしどころを探り合っている頃だろうと思っている。
まずは、結果を出すことである。

結果を出しさえすれば、誰も文句を言わなくなる。

私は、いずれにしても、小池さん、若狭さん、7人の士の側に立つ。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2016年10月4日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた早川氏に御礼申し上げます。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」(http://ameblo.jp/gusya-h/)をご覧ください。

早川 忠孝

最終更新:10/6(木) 12:30

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。