ここから本文です

季節の変わり目の不調。簡単にできる解消法はこれだ!

OurAge 10/6(木) 21:00配信

季節の変わり目には不調を訴える声が多くなる。日々変化する気候に心身がついていけず、体調が優れない、イライラする…。そんなときに簡単に解消できる方法があるという。癒しケアカンパニー代表理事・荻野こず恵さんにうかがった。

「人間は、自らの力で体調を整えようとする“自然治癒力”を持っています。その力を最大限に引き出せれば、心も体も健康な状態に戻すことができます。ちょっとしたコツを知っていれば、どこでも簡単に、そしてお金もかからずにできるのです」

心身の調子を整えることは、自律神経の働きと大きな関係がある。下記5つを行うことで自律神経の働きはよくなる。

1.身体の気のエネルギーを整える
2.血流・リンパ液の流れを良くする
3.老廃物の排泄
4.筋肉・関節をゆるめる
5.呼吸を整える

具体的にはどのようにすればよいのだろう? 
「ストレッチや体をほぐすことも大切ですが、その場ですぐにリラックスできるもっと簡単な方法をご紹介します」と荻野さん。

「体調が優れない時、イライラしてしまう時は“気”のエネルギーが上半身から頭の方へ上昇し、溜まっていることが多いのです。まず、顔・目線を上げて、大きく深呼吸を3回。自分の体の中を頭から手足の指先まで、気・血流・酸素が循環している事をイメージしながら、心を落ち着かせましょう。そして次の方法を試してください」

1.首・手首・足首の順に軽く左右、時計・反時計周りに5回ずつ回す。
2.全身の調子を整えるツボ『合谷(ごうこく)』(手の甲の親指と人指し指のつけ根の間のくぼみ)に親指をあてて、左右10秒間押圧する。
3.指と指の間に親指をあてて左右4か所、10秒間押圧し、神経の高ぶりをしずめる。
4.親指と人差し指で反対側の指の爪の際をはさんで10秒間ずつ、親指から順に5本の指を左右同じように押圧する。

「手にはたくさんのツボがあります。落ち込んだ時、やる気が出ない時、イライラした時、のぼせ、めまい、ホットフラッシュの症状が出た時など、深呼吸しながら、まず指を押してみてください。その場ですぐに体調を整えることができ、リラックスできます」と荻野さん。

また、手のひらや足の裏にも、体調を整えるたくさんの反射区・ツボが集中している。テニスボールやゴルフボールをゴロゴロ転がしながら刺激を与えていると、自律神経の働きが整ってくるそうだ。
「毎日の習慣となると良いですね。ぜひやってみてください」

最終更新:10/6(木) 21:00

OurAge