ここから本文です

熊に遭遇したときに生き延びる方法

ライフハッカー[日本版] 10/6(木) 21:10配信

映画『レヴェナント』のレオナルド・ディカプリオのように、恐ろしい熊とばったり出会ってしまうこともあるかもしれませんが、たいていの熊は何もせずに立ち去ります。私自身も何度か熊に遭遇したことがありますが、熊はゴミをあさるのに夢中でした。ハイキングやキャンプをしているときに熊と遭遇したら、まずはその遭遇のタイプを識別することをAlaska Interagency Bear Safety Education Committee(アラスカ州熊安全教育委員会)は推奨しています。熊が自分の身を守ろうとしているのか、それとも攻撃的なのかによって、こちらの対処の仕方も変わってくるからです。

自分の身を守ろうとしている熊:人間とばったり遭遇して驚いています。怖がって逃げたりすると攻撃してくることがあります。殴りかかったり噛みついてきたりしたら、地面に伏せて頭と首を腕や手で防御しながら熊が立ち去るのを待ちましょう。

攻撃的な熊:人間を見つけるとわざわざ近寄ってきたり、あとをつけまわしたりします。熊に関する著作を発表しているBill Schneider氏や「イースタン・スロープ・灰色熊プロジェクト(Eastern Slopes Grizzly Bear Project)」のSteve Herrero教授によれば、熊には近づかないようにし、熊から少なくとも400メートルは遠ざかるのが良いとしています。

熊の姿が見えなくなったら、別の道を行くか、20分くらい待ってから、大きな音をたてながら歩いてください。至近距離で熊に出会ってもパニックになって走ったり叫んだりしてはいけません。そんなことをすると熊が追いかけてきます。その場で立ったまま、熊と直接目を合わせないようにして、あれば護身用催涙スプレーを用意してください(熊がたびたび出没する地域にハイキングに行くときは必需品です)。次に、小さな抑揚のない声で話しながら熊が見えなくなるまでゆっくりと後退しましょう。ジャンピング・ジャック(ジャンプして足を開き手を頭の上で合わせ、次にジャンプして足を閉じ手を体の脇に戻す体操)のように腕を上下させながらゆっくりと後退します。

熊が突進してきても、動かずにじっと立っていましょう。Schenider氏によれば、熊が突進してくるときは、たいていの場合、はったりで脅かそうとしているだけなのだそうです。熊の突進が止まらないときは、射程距離に入ったら護身用催涙スプレーを使ってください。護身用催涙スプレーがないときは、熊に触れられる前に、大きな音を立てて腕を振りまわし、その辺にあるものを武器にして果敢に戦ってください。念のために繰り返しますが、攻撃的な熊と遭遇することは極めて稀です。

Patrick Allan(原文/訳:春野ユリ)
Illustration by Sam Woolley. Photo by Yellowstone National Park.

最終更新:10/6(木) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック