ここから本文です

上品なくしゅくしゅミディは、インナーカラーのちら見えが印象的!

集英社ハピプラニュース 10/6(木) 20:00配信

軽やかなウェービーミディアムの髪色をトーンダウンさせ、秋を感じるシックなスタイルに。ちょっとしたヘアアレンジを楽しみたいなら、髪の内側にハイライトを取り入れるのがおすすめ! ひとつ結びやアップスタイルなどでちらっと見えて、さりげない存在感を発揮するインナーカラーはおしゃれ度満載。

<HOW TO>
ベースはAライン×鎖骨レングスで女性らしさを演出して。全体を9トーンのナチュラルベージュでカラーリングしたら、髪の内側のハチ下だけにハイライトを入れていきます。ポイントは少量ずつ毛束を取り、なるべく細かく色を入れること。奥行きが出るので顔の印象も立体的に見せてくれます。

<STYLING>
毛先から2回転巻いたパーマをかけて時短スタイリング。セミウエット状態にファイバーワックスをもみ込んで空気を含ませたら、前髪はざっくりとした束感をメイク。ほどよいカジュアルダウンが大人っぽい!

<HAIR DATA>
顔型 丸顔
髪質 硬○○●○○柔
クセ あり○●○○○なし
毛量 多○○●○○少


スタイリスト/溝口潤(ZACC Ao) モデル/秋山涼香 文/井上ハナエ

最終更新:10/6(木) 20:00

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。