ここから本文です

ケニー・オメガが吠える「オカダ・カズチカはオレの80%だ」

webスポルティーバ 10/6(木) 18:30配信

「自分へのフラッシュ音がほとんど聞こえてこない」――。ケニー・オメガはG1 CLIMAX直前の記者会見で言った。そうかもしれなかった。G1 CLIMAX、26年の歴史の中で、外国人選手が優勝したことは一度もない。しかし、ケニーは優勝した。外国人選手が新日本プロレスのトップに立てることを、自ら証明したのだ。

【写真】オカダ・カズチカとの対戦を熱望しているケニー・オメガ

 カナダから単身、日本にやってきたのが8年前。勉強熱心で、いまでは日本語を流暢に話す。漢字の読み書きもできる。世界トップレベルの実力を持ちながら、ケニーはなぜ日本にこだわるのか。軌跡を辿った。

 カナダのマニトバ州ウィニペグ出身。幼少の頃、父と祖父の影響でプロレスが好きになった。日本という国は知っていたが、日本になにがあるかはまだ知らなかった。ゴジラは本当に生きていると思っていた。

 日本に行きたいと思ったのは、12、13歳のとき。好きなゲームやアニメが日本から来たものだと気づいた頃だ。それまでプロレスといえばWWEしかないと思っていたが、初めてWWEでTAKAみちのくを見て、日本にもプロレスというものがあるのだと知った。ビデオテープで日本のプロレスを見始め、いつか日本に行きたいという思いが強くなった。

 18歳でプロレスデビューし、2006年、WWEと契約。しかし1年で離脱する。

「ビジネスとか、プロレスのやり方が面白くなかったんだ。プロレスが嫌いになったよ。カナダでのAJスタイルズ戦を最後に引退しようと思っていた。でもその試合が楽しくて、もう一度最初からプロレスを勉強しようと思ったんだ。今度はWWEのキャラクターじゃなく、本当の自分でプロレスをやろう。もしそれがダメなら引退する。そういう気持ちだった」

 以来、アメリカ、メキシコ、イギリス、さまざまな国のプロレスを見るようになる。そのなかで見つけたのが、DDTプロレスリングのDVD。最初見たときは、あまり好きにはなれなかったという。しかし、強烈に惹きつけられる選手がいた。後に盟友となる飯伏幸太だった。

「飯伏の試合は、オレの日本バージョンだと思ったよ。同じプロレスの考え方をしている。だから彼に会いに行きたかった。アメリカのウェブサイトのインタビューで、『もし日本に行ったらDDTに出たい』というコメントを出したんだ。それをDDTの高木(三四郎)社長が見て、どういう選手かわからないけど、もし本当にDDTに来たいならトライアウトを受けてみないかと言われたんだ」

 2008年、DDTのビアガーデンプロレスに参戦。それが見事にハマった。その後、飯伏とのシングルマッチがサムライテレビのベストバウトに選ばれた。飯伏と「ゴールデン☆ラバーズ」というタッグチームを組み、瞬く間に頭角を現した。飯伏同様、普通のプロレスよりも、路上プロレスや変則ルールの試合を好む。言葉の壁を超えて、飯伏との仲は急速に深まっていった。ケニーは飯伏のことを「愛する人」と称するようになった。

 ところが2014年、新日本プロレスに入団し、ヒールターンをする。飯伏と敵対関係になった。翌年4月、ニュージャパンカップで飯伏がIWGPヘビー級王座に挑戦した際、ケニーはバレットクラブの一員として乱入。それが引き金となり、飯伏はAJスタイルズに敗れる。そのときのケニーの沈鬱な表情に、多くのファンが涙した。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 19:06

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。