ここから本文です

W杯の”48カ国案”、FIFA副会長は実施を示唆「2026年に32カ国のままでないことは明白」

フットボールチャンネル 10/6(木) 8:11配信

 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長が発表した”48カ国案”について、FIFAのビクター・モンタグリアニ副会長が実施の可能性について言及した。5日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 インファンティーノ会長の計画は、まず最初に32カ国でノックアウト方式の1試合を行い、勝ち進んだ16カ国と、先にシード国として選ばれていた16カ国の合計32カ国がグループステージで戦うというものだ。それ以降は現行と同じ形でスケジュールが進むことになる。

 これについてモンタグリアニ副会長は「2026年に32カ国のままでなくなっていることは明白だと思う。私は変わると考えているよ。私たちが伝統をそのまま受け継いでいたのなら、ワールドカップはまだ16チームのままであっただろう」と語ってる。

 そして、W杯の出場枠を拡大することに関しては「答えはイエス」と答え、インファンティーノ会長の案に賛同する構えを見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/6(木) 8:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。