ここから本文です

本田が帰国後も展開した“ブーイング批判” 「ミラニスタに提言」と伊メディアでも話題に

Football ZONE web 10/6(木) 11:00配信

日本代表練習後に発した持論がイタリアでも報じられる

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、4日に行われた日本代表のトレーニング後に、ミランサポーターによるチームへのブーイングについて持論を語ったことが、イタリアの現地メディアでも取り上げられている。イタリア国営放送「RAI」が本田の発言を配信したことで、各メディアで報道が相次いだ。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 本田はミランが1-3のビハインドから3点を奪って4-3の逆転勝利を飾った1日のサッスオーロ戦で、ベンチ入りしたものの出番なく試合を終えたが、試合後のミックスゾーンではミランサポーターに対する持論を展開していた。

「1-3になった場面でサポーターは、(選手たちを)サポートできないのかなというのが印象的でしたね。やはりブーイングを浴びせてしまうし、これはすごくイタリアにとって、(チームが)負けている時に、逆に温かくすることは悪なのか? それが僕には一つ理解できない。最終的にはまた家族みたいに戻るでしょ?」

 それを受けて4日のトレーニング後に、あらためてサポーターとの関係性を語った。

「日本では基本的にブーイングがない。ミランではそれがありすぎる。そして、それがダメだと思っている。負けている試合では、彼らは完全に見放す。そこに愛情は感じられない。だけど、勝てばアッという間に家族に戻る。結局、数字の問題だけなのかと。これはミランだけでなくイタリア全体がそう。結果にだけしか興味を持たない」

出場機会を失うなかで波紋を呼ぶ発言を展開

 イタリア国営放送「RAI」がこの発言を報じたことで、ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」や、サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」なども追随して「本田がミラニスタに提言」などといった形で大きく報じている。

 今季のリーグ戦では開幕から7試合連続のベンチスタートで、途中出場2試合、わずか19分間の出場にとどまっている。そうしたなかで波紋を呼ぶ発言をした本田が、次に本拠地サンシーロのピッチに登場する時、ミランのサポーターからはどのような反応が起こるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/6(木) 13:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。