ここから本文です

長谷川豊氏は「無敵」なのだろう。長谷川豊氏の世界の中で

Wedge 10/6(木) 12:20配信

 「長谷川豊に言及してはならない。取り合うほど相手が得をする」というのが、まともな人たちの見解かもしれない。しかし、江戸しぐさがあれほどまで普及してしまった前例を思うにつけ、やはりでたらめには早いうちに対処しなければならないのではという思いを強くする。

いくらネットでもツッコミが追い付かない

 世の中のスピードは速く、いったん炎上したネタでも、1週間経てば沈静化し始めていることが多い。そんな中、相変わらず燃え続けているのが長谷川豊氏だ。

 このコーナーは基本的に1週間に1度連載している。実は長谷川氏の人工透析患者に関するブログ記事の炎上は、先週の時点で記事化しようか迷ったネタだった。通常、前週に検討して見送ったネタが翌週に使えることは少ないのだが、この炎上は例外だったようだ。

 炎上が鎮火しなかった理由は“燃料”が投下され続けたからだろう。長谷川氏は批判に対してブログ上で「余りの低レベルな言葉狩りに戸惑っています」と書き、全国腎臓病協議会からの抗議についても謝罪を拒否。そのたびにさらなる反感の声が上がった。

 その後、テレビ大阪『ニュースリアル』と読売テレビ『上沼・高田のクギズケ!』を降板、長谷川氏のブログを転載して配信していたニュースサイトBLOGOSからも契約解除。その都度、長谷川氏はブログを更新している。

 また、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さんが「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う」「(長谷川氏のような)本気のジャーナリストを殺されたくはない」(原文ママ)などと擁護したことも火に油を注いだ。

 ネット上には「狙って炎上させているのだから、騒いだら長谷川豊の思うツボ(だから炎上させるな)」というような意見も見られるが、毎日のように新たな進捗があるのだから仕方ない。最初は黙っていたものの、見かねて苦言を呈した人もいるだろう。

 そもそも長谷川氏のブログ記事は投稿されるたびにツッコミどころが多く、いくらネットがバカと暇人のものとはいえツッコミが追い付いていないような状況だ。たとえば、記事に抗議したブロガーfujiponさんへの対応がそうだ。

 fujiponさんの記事「長谷川豊さんの「自業自得の人工透析患者」論と「自分はつねにアリの側である」と信じられる人」に対して長谷川氏はブログでまたもや自論を展開。「何か反論ある?」「もうちょっと現場で人に話を聞きな」などとひどい挑発をしたのだが、fujiponさんはこんな挑発に乗らず、丁寧な説明をブログにアップした。すると長谷川氏は自分が挑発したにもかかわらず、あろうことか論点をうやむやにしたまま「非礼を心よりお詫び申し上げるとともに、丁寧なご返答を頂いたことを……」と表向きに謝罪をすることで逃げたのだ。

 「(現場で話を聞けばfujiponさんも)絶対に私と同じこと言うから。汗をかけ、汗を」とまで言ったくせに、「その『見捨ててもいい患者』って、誰が判断するの?と訊ねたくなるのです」「8~9割は自己責任、というのは誤解を招く言い方で、『個人差はあるが、8~9割の患者には、生活習慣に気をつけることで改善・増悪予防の可能性がある』くらいが妥当じゃないか」といったfujiponさんからの疑問や指摘には応えていない。言い返せないところは無視して逃げ、批判されている自分の説を繰り返すだけ。それでいいと思っているのだから、そりゃ「無敵」だろう。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 12:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

Yahoo!ニュースからのお知らせ