ここから本文です

岡崎が説くイラク戦に必須な心構え。“俺が”捨て、チームのために。ベテランFWに焦りなし

フットボールチャンネル 10/6(木) 10:34配信

 運命のイラク戦に向け、岡崎慎司は泰然自若としている。レスターで出場機会が減り、若手選手の台頭もある。だが、岡崎に焦りはなく、「チームのために」を第一にどっしりと構えている。ベテランFWはあくまで冷静、さらなる飛躍を目指している。(取材・文:元川悦子)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

イラク戦はメンタル重視のメンバー選考か

 日本代表の2018年ロシアW杯行きを大きく左右するアジア最終予選10月2連戦の初戦・イラク戦(埼玉)が迫ってきた。

 前日会見にのぞんだヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対し、イラク人記者から「我々から見ても今の日本のレベルはそんなに高くないように感じられるが」という厳しい質問が飛ぶほど、9月1日のUAE戦(埼玉)に敗れたマイナスイメージは大きいようだ。

 それだけに、今回のイラクは「自分たちも十分やれる」と自信満々で挑んでくる可能性が高い。選手個々のコンディションが万全ではない日本にとってはかなり厄介だが、そういう時こそ、チーム一丸となって苦難を乗り切らなければならない。

「とにかくメンタルだと。それが違いを見せつけるんだと選手には言いました。明日の昼までしっかり考えて最終的な決断をしようかなと思っています」とボスニア・ヘルツェゴビナ人指揮官は強調した通り、イラク戦のメンバー選考はコンディション以上にメンタルの強さを重視する意向だ。

 となれば、2日前合流の本田圭佑(ミラン)、長友佑都(インテル)の先発起用はもちろんのこと、代表通算50ゴールに王手をかけながら3試合足踏み状態を強いられている岡崎慎司(レスター)の1トップ復帰も有力視される。

 その岡崎だが、UAE戦でスタメン出場しながら全くと言っていいほどよさを出せず、後半21分に浅野拓磨(シュツットガルト)と交代。敗戦の一因を作ってしまった。続く6日のタイ戦(バンコク)は出番なし。

 その後のレスターでも、プレミアリーグは10日のリバプール戦の後半45分間と10月21日のサウサンプトン戦の後半21以降の24分間プレーしただけ。新戦力のイスラム・スリマニに完全にポジションを奪われた格好になっている。

1/2ページ

最終更新:10/6(木) 10:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。