ここから本文です

FIFA副会長、ロシア&カタールW杯の開催決定に言及「クリーンにする機会になった」

フットボールチャンネル 10/6(木) 10:40配信

 国際サッカー連盟(FIFA)のビクター・モンタグリアニ副会長が、2015年に起きた汚職事件で複数のFIFA幹部が逮捕されるきっかけとなった2018年ロシアW杯と2022年カタールW杯について言及した。5日に英メディア『BBC』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 2010年12月に2つのW杯開催地が同時に決定した。ただ、当初から決定した経緯について疑惑が持たれFBIなどが調査を続けていたとされている。そうした中で、過去20年間の調査から賄賂などの存在が明らかになり、FIFA幹部が逮捕されるに至った。

 これについてモンタグリアニ副会長は「それは今後起こるべき出来事の転換点だったと思う。クリーンにする機会になったんだ。ロシアやカタールがW杯開催地にならなかった場合、果たしてこのような状況は起きただろうか? イングランドやアメリカがW杯開催地になっていたら、たぶん私たちは現状のままであっただろう」と語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/6(木) 10:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。