ここから本文です

オフィスでも浮かないスニーカーコーデ

集英社ハピプラニュース 10/6(木) 20:50配信

海外からいらっしゃるお客様が喜ぶような和を感じさせるお土産選びに迷っていたら、行きつけの寿司屋の大将がかっぱ橋の包丁をおすすめしてくれるので行ってみることに。しかもちょうどかっぱ橋道具祭りもやっているから、我が家の年季の入った包丁も道具供養祭に出してみようかな……。そういうわけで色々歩くことになりそうだから疲れしらずのスニーカーを主役に、オフィスでも浮かないスタイルで出社しよう。旬のマニッシュコートとベーシックなパンツがきれいに調和しているから、色のトーンを合わせればスニーカーでも十分オフィスコーデとして通用しそう。

スニーカーコーデをもっと見る

スニーカー¥38,000/ドゥロワー 丸の内店(スパルワート) コート¥43,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ニット¥16,000・パンツ¥19,000/ティアラ メガネ¥28,000/ブリンク・ベース(エナロイド) ネックレス¥102,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山) ブレスレット¥16,900/エヌディーシージャパン(メゾン ボワネ) バッグ¥20,000/ヒューマンウーマン(リブレ)

スウェーデンのシューズブランド「スパルワート」の生産地はスロバキア。かつて軍用シューズを生産していたが閉鎖してしまった東欧の工場を再稼働させ、当時と同じ製造工程で品質の高い靴作りをしている注目のブランド。優れたクッション性とグリップ力が魅力♪

撮影/魚地武大(物) スタイリスト/小川ゆう子 取材/昼田祥子 文/加藤理恵

最終更新:10/6(木) 20:50

集英社ハピプラニュース