ここから本文です

マンUで“戦力外”状態のシュバイニー 「報道が事実なら無礼だ」とマンCの後輩MFが苦言

Football ZONE web 10/6(木) 14:20配信

ギュンドアンがドイツ代表の英雄が冷遇される姿に心を痛める

 今夏にドルトムントからマンチェスター・シティに加入したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、マンチェスター・ユナイテッドで冷遇され戦力外状態となっている元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーについて、「言われていることが事実なら無礼だ」と苦言を呈している。独紙「シュポルト・ビルト」に語ったもの。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ドイツ代表121キャップを誇るシュバインシュタイガーだが、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の下ではリザーブチーム行きを命じられるなど、戦力外の状況と苦しい立場に置かれている。

 そうした状況で“赤い悪魔”は公式戦3連敗を喫し、直近のストーク・シティ戦でもホームで1-1のドローに終わるなどチーム状態は芳しくない。昨夏にバイエルン・ミュンヘンからユナイテッドに移籍したシュバインシュタイガーに続き、ドイツからマンチェスターへ渡ったギュンドアンは、苦しい時こそ百戦錬磨のべテランの力が必要と力説し、ユナイテッドの選手に対する扱いを批判した。

「彼は単なる選手というわけではない」

「バスティアン・シュバインシュタイガーがフィットすれば、マンチェスター・ユナイテッドは100%利益を受けることができる。聞いたことや読んだことの全てが本当だとしたら、無礼だと思うよ。彼は単なる選手というわけではないし、18歳や19歳の選手ではないんだ」

 シュバインシュタイガーは2014年ブラジル・ワールドカップの優勝メンバーで、大会後にはドイツ代表キャプテンも務めた同国のレジェンド。それだけにギュンドアンは、同国の英雄が冷遇される姿に心を痛めているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/6(木) 14:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。