ここから本文です

プレミアリーグ首位に立つ新体制のシティ ペップ革命を成功に導く意外な“制限策”とは

Football ZONE web 10/6(木) 16:20配信

グアルディオラ新体制下では、体重・食事制限に加えて様々なペップルールが存在

 マンチェスター・シティは前節トットナム戦で今季初黒星を喫するまでリーグ開幕6連勝を飾っており、第7節を終えて首位に立っている。バルセロナ、バイエルン・ミュンヘンでタイトルの山を築いたペップ・グアルディオラ監督は就任後に早くもその手腕を発揮しているが、ペップ革命の成功には電子機器の使用制限という意外な策にあったことが明らかになった。地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 戦略家ペップ監督は選手に様々なルールを突きつけている。体重制限を設け、セビージャに期限付き移籍したサミル・ナスリはオフ明けにこのルールに引っかかり、トップチームの練習参加を許されなかった。食物の制限なども行っているが、他にもペップルールが存在した。アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタはこう語る。

「クラブの練習場で朝食と昼食をみんなで食べるようになった。インターネットは遮断されている。ドレッシングルームは3階下がって1階になった。そこには3Gの電波もない。そこでは交信できないんだ」

 チームの連帯感を高めるために、朝食と昼食をチームでとることを厳命。そして、スマートフォンの利用を禁止するために、電波のない部屋をあえてドレッシングルームに選んだという。これも連動性を重視するペップ流で、同僚との意思疎通を円滑するための手段だ。

ホーム戦の前泊義務をなくすのもペップ流

 その一方で、ホーム戦の前泊義務はなくなり、家族と過ごすことができるようになった。ペップ流導入に対して、選手たちから異論は上がっていないという。

「最高の監督に指導されるのは選手の夢。最高の監督の1人と働けるチャンスなんだ。実際に多くを学んでいるよ。特にいかに生活すべきか、という点でね。彼のアイデア以上に、フットボールのために生きるという彼の情熱が分かるんだ」と、サバレタはすっかり心酔している様子だった。

 これまでマヌエル・ペジェグリーニ前監督、ロベルト・マンチーニ元監督らビッグネームがシティを率いてきたが、カリスマ性溢れるペップは別格のようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/6(木) 16:21

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。