ここから本文です

レジェンド・クライフ氏が生前に選んでいた「歴代ベストイレブン」が明らかに

フットボールチャンネル 10/6(木) 13:58配信

 サッカー界のレジェンドである故ヨハン・クライフ氏が、生前に選んでいた「歴代ベストイレブン」が明らかになった。5日付の『マルカ』などスペイン複数紙が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 クライフ氏は現役時代にアヤックスやバルセロナ、オランダ代表でプレーし、新時代のサッカーとなる「トータルフットボール」を体現する選手として伝説的な活躍を残した。指導者としてもバルセロナで成功を収めた同氏は、今年3月に肺がんのため68歳で死去した。

 そのクライフ氏が書き遺していた自伝が今週スペインで発売され、その中で同氏の選んでいた歴代サッカー界のベストイレブンが明らかになったとしてスペインメディアが伝えた。クライフ氏の選んだベストイレブンには、ペレ氏やディエゴ・マラドーナ氏などのほか、同世代のライバルだったドイツのフランツ・ベッケンバウアー氏も選出。オランダ代表やアヤックスのチームメートとしてともにプレーしたルート・クロル氏やピート・カイザー氏も選んでいる。

 その他には、GKとして史上唯一のバロンドールを受賞した旧ソ連の名GKレフ・ヤシン氏や、ペレ氏とともにブラジル代表で活躍したカルロス・アウベルト氏とガリンシャ氏、イングランド代表を1966年ワールドカップ優勝に導いたボビー・チャールトン氏、バルサの宿敵レアル・マドリーのレジェンドであるアルフレッド・ディ・ステファノ氏が名を連ねた。

 一方、バルセロナで自身の見出した”愛弟子”ジョゼップ・グアルディオラ氏もメンバー入り。そのグアルディオラ氏が最も若い選手となっており、歴代最高の選手の一人とも評される現バルセロナのエース、リオネル・メッシなどは11人に含まれていない。

フットボールチャンネル

最終更新:10/6(木) 14:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。