ここから本文です

川崎の中村憲剛が肉離れで離脱 全治3週間で次節広島戦を欠場する可能性が浮上

Football ZONE web 10/6(木) 19:50配信

前節神戸戦にフル出場も負傷

 J1の川崎フロンターレは6日、1日に行われたセカンドステージ第14節ヴィッセル神戸戦(0-3)で負傷したMF中村憲剛の診断結果を発表。左股関節外旋筋肉離れで、全治3週間程度を要する見込みだという。

2016・J1リーグ「最新推定市場価格ランキングTOP 100」

 中村は神戸戦にフル出場を果たしていたが、試合中に負傷しており、2日に川崎市内の病院で検査を行った。受傷日から3週間程度の離脱となるため、次節22日のホームでのサンフレッチェ広島戦に欠場する可能性が出ている。

 すでにクラブ史上初のチャンピオンシップ(CS)出場を決めている川崎だが、前節で神戸に敗れたことでセカンドステージで3位に、年間順位でも2位に後退。勝負のCSに向けて弾みをつけるためにも、不動の司令塔でチームの精神的支柱でもある中村の、万全の状態での復帰が望まれる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/6(木) 19:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。