ここから本文です

「レアルの問題はCロナにある」。名将カペッロ氏が古巣に指摘

フットボールチャンネル 10/6(木) 18:20配信

 かつてレアル・マドリーを率いた名将ファビオ・カペッロ氏は、古巣の苦戦の原因はエースのFWクリスティアーノ・ロナウドにあると指摘している。5日にスペインラジオ『オンダ・セロ』で語った。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 バルセロナからのリーガエスパニョーラ王座奪回とチャンピオンズリーグ連覇を目指すマドリーは、今シーズンを非常に順調にスタートさせていた。セビージャを下してスペイン・スーパーカップのタイトルを獲得したのを皮切りに、開幕から公式戦6連勝を収め、リーガでは昨季から続く連勝が歴代最多記録の16試合に並んだ。

 だが、9月21日のビジャレアル戦を1-1のドローで終えて以来ペースダウン。そこから公式戦4試合連続ドローに終わり、リーガ首位の座も宿敵アトレティコ・マドリーに奪われてしまった。無敗を継続しているとはいえ、ジネディーヌ・ジダン監督のチームは「危機」に陥っているとも言われ始めるほどだ。

 カペッロ氏は古巣の不振について、「レアル・マドリーの今の問題はクリスティアーノ・ロナウドにある」とコメント。「彼はフィジカルコンディションが良くない。そして、チーム最高の選手だ」と続けた。エースが万全の状態ではなく、本来の力を発揮できていないことに最大の問題があると主張した。

 ポルトガル代表として出場したEURO2016決勝で負傷したC・ロナウドは、今季のスタートまでに復帰が間に合わず、リーガ開幕から2試合を出場。これまで4試合に出場してわずか1ゴールにとどまっている。C・ロナウドの完全復活こそが、マドリー復調の鍵となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/6(木) 18:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。