ここから本文です

American Football、17年ぶり新アルバムより新曲音源公開 日本盤は来日公演ライブ音源収録

リアルサウンド 10/6(木) 20:04配信

 American Footballが、10月21日にリリースする新アルバム『American Football』より、新曲「Desire Gets In the Way」の音源をiTunes、YouTubeなど各音楽サービスにて公開した。

 American Footballは、オーウェンことマイク・キンセラ率いるポストロック/エモ・シーンに多大なる影響を与えたバンド。1998年にEP、99年にアルバムを1枚ずつリリースし解散。2014年に再結成を果たし、翌年6月29日、30日には東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTにて来日公演を開催している。

 17年ぶりとなる新アルバムには、「Desire Gets In the Way」のほか、すでに公開となっていた「I've Been So Lost for So Long」や「Give Me the Gun」を収録。クリーントーンの美しいギターにあわせてマイクの歌声がエモーショナルに重なりあう楽曲に仕上がっている。

 また、日本盤には2015年の来日公演時のライブ音源2曲を収録。デビューEPに収録されている「Letters & Packages」、デビュー・アルバム収録の「You Know I Should Be Leaving Soon」2曲のライブ音源が収められる。

 バンドは10月29日、2014年復活後初めてライブを行ったシカゴにて久々の単独公演を行う。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/6(木) 20:04

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。