ここから本文です

ツイッター買収に伴う負担を懸念? 身売り先候補らの株価に影響

Forbes JAPAN 10/6(木) 17:10配信

短文投稿サイト米ツイッターの身売りの可能性に関するうわさが、同社の株価をここ二週間にわたって押し上げている。



10月上旬にも買い手が決定するのではと3日に報じられたことから、同社の株価は5日午前の取引で4%上昇した。だが、買い手の候補として名前が挙がっている企業、例えばセールスフォース・ドットコムの株価を見ると、市場が買収する企業としてのツイッターの魅力をどう捉えているか、よく分かると言えそうだ。

企業買収に関しては従来、買い手が示した買収価格に応じて、買われる側の企業の株価が上昇し、買い手側の株価は下落するのが通例だった。しかし、ここ数年は企業の成長機会が限られた状況が続き、売り手と買い手の株の値動きが逆転する傾向もみられていた。中には、双方の株価が同時に上昇するケースもあった。

ただし、ツイッターはそうした最近の傾向とは無縁のようだ。同社の取締役会が身売りを検討しており、すでに複数の企業から買収提案を受けていると報じられた9月23日以降、同社の株価は約32%値上がりしている。そしてその一方で、買い手の候補と伝えられた各社の株価は下落しているのだ。

新たにそうした企業の一つに加わったのが、マーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)率いるセールスフォースだ。米紙ウォールストリート・ジャーナルが同社によるツイッター買収の可能性を報じると、セールスフォース株は5日の取引で8%近く値下がりした。

9月26日にはウォルト・ディズニー株が、同じ理由で1%以上値を下げた。一部でツイッター身売り先の最有力候補と目されているグーグル親会社アルファベットの株価は、同月下旬以降、低迷を続けている。

ツイッターの身売り先候補とみられる企業の株主らにとっては、計算すべきことはツイッターに価値があるかどうかということよりも、どれだけの高値を提示すれば、同社のジャック・ドーシーCEOと取締役たちが負けを認め、独立企業としての存続を諦めるのかということにある。

Steve Schaefer

最終更新:10/6(木) 17:10

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ