ここから本文です

ハリル監督、劇的勝利に感極まりインタビューを遅らせる

SOCCER DIGEST Web 10/6(木) 21:59配信

「ドラマティックな試合だった」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本2-1イラク/10月6日/埼玉

 タイムアップとともに、埼玉スタジアムが熱狂のるつぼと化した。後半アディショナルタイムに飛び出した山口蛍の劇的な決勝弾で勝利を収めた日本代表。通例、試合後のテレビインタビューはハリルホジッチ監督が先になるが、劇的勝利に気持ちが昂り、試合後すぐには応じられず、選手たちが最初にインタビューを受ける異例の展開となった。

【日本 2-1 イラク|採点&寸評】期待に応えた清武と劇的決勝弾の山口が高評価! 一方で本田や岡崎らは低調…

 選手のインタビューが終わった後、しばらく気持ちを落ち着かせてインタビューに臨んだハリルホジッチ監督は、やや目を赤く潤ませていた。

 「ドラマティックな試合でしたけど、あきらめずに戦った選手を褒めたい。最後まで応援してくれたサポーター、国民に感謝したい」

 前回のホームUAE戦に敗れ、アウェーのタイ戦も多くの決定機を作りながら、2ゴールに終わった。周囲から不安の声も上がっていたが、「勝ったということが大事。これを続けていきたい」と、終了間際の劇的な勝利に前を向いた。


 

最終更新:10/7(金) 0:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。