ここから本文です

「もっと成長しないと」――。攻撃の中心としてフル稼働した清武弘嗣が言葉に込めた想い

SOCCER DIGEST Web 10/6(木) 23:53配信

「もっと自分がやらないといけない」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 最後の最後、90+5分に決勝弾が生まれたのだから、試合が終わって「安心した」というのは清武弘嗣の偽らざる本音だろう。
 
 11分に自身のミドルシュートは相手GKの攻守に阻まれたものの、25分にカウンターから本田圭佑のパスを受けると原口元気の先制弾をアシストした。
 
 29分に相手DFに蹴られ、一時は交代も心配されるアクシデントに見舞われたが、攻撃の中心としてフル稼働。随所に技術の高さを披露した。
 
 それでも、トップ下で指揮棒を振るった男は「もっとやらないといけない」とパフォーマンスに満足しない。
 
「初戦のUAE戦とまったく一緒で、先制したのにそれを守り切れなかった。ちょっと嫌な雰囲気だったけど、最後は(山口)蛍が決めてくれたから……。やっぱり最終予選は厳しい。自分がもっともっと成長していかないと、と思う」
 
 クラブ同様に、日本代表でもポジションは約束されているわけではない。トップ下では香川真司と争わねばならず、左サイドハーフには2戦連発と目に見える結果を残している原口がおり、右サイドハーフには主軸の本田が座っている。だからこそ、「もっと成長していかないと」という言葉につながるのだろう。

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」妻&恋人たち

「次の試合も大事」とも語った清武が、次はいよいよアウェーでのオーストラリア戦だ。予選突破への分水嶺とも言っていい一戦に、すでに目は向いている。
 
 日本代表にとっても、しっかりと居場所を掴みたい清武にとっても、まさに決戦。オーストラリア戦は、様々な意味での大一番となりそうだ。

最終更新:10/6(木) 23:53

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。