ここから本文です

日ハム優勝で大谷のメジャー移籍が来オフ、本命視されるワケ

週プレNEWS 10/6(木) 6:00配信

日本ハムがシーズン終盤の大逆転でリーグ優勝を果たした。これにより一気に現実味を帯びてきたのが大谷翔平(22歳)のメジャー挑戦だ。パ・リーグの某球団関係者が言う。

「メジャー志向の大谷を入団させる際、日本ハム球団側がサイドレター(正式契約とは別の申し合わせ書)を取り交わしたというのは、球界では公然の秘密です。内容は、大谷と球団が折り合えば早期にメジャー入りを承認し、後押しするというもの。年限は諸説ありますが、ダルビッシュが海を渡った入団7年以内で間違いない」

大谷は入団4年目の今季、二刀流フル回転で自身初のリーグ優勝に貢献。これにより、日本ハムもついにメジャー行きにGOを出す見込みだという。

「今季はMVP確実ともいえる活躍ぶりで、まさに大谷あっての大逆転優勝でした。さらに、この優勝で球団にはかなりの増収も見込めるとあっては、日本ハムも大谷のメジャー行きにNOとは言えなくなる」

注目される移籍の時期だが、関係者の間では来オフが“本命”と見られている。

「実は大谷は、来春に行なわれるWBCへの参加に誰よりも意欲的といわれています。もし、今オフの移籍となれば、獲得するメジャー球団側が『公式戦前にWBCで故障でもされたらたまらない』と難色を示すのは必至。そのため、WBCが終わった来オフが本命視されているというわけです」(スポーツ紙デスク)

リーグ優勝、WBC出場を経てメジャーへ。そんな青写真が球団と大谷の双方にあったのだとすれば、今季終盤、栗山監督の無理使いとも思える起用にも納得がいく。

「来季は二刀流を続行するのか、それともどちらかに力点を置くかを見定めるシーズンになるでしょう。いずれにしても無理はさせない緩いシーズンになるはず」(前出・パ・リーグ某球団関係者)

メジャー移籍に向けた大谷フィーバーがヒートアップするのは時間の問題だ。

最終更新:10/6(木) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。